知恵の活用ライブラリ

ウィズダムライブラリ

犬と赤ちゃんの共同生活はいつから?犬と一緒に暮らす事について

      2017/01/13

犬と赤ちゃんの共同生活はいつから?犬と一緒に暮らす事について

赤ちゃんが家にやってくると、大人の生活も一変しますね。

それは一緒に暮らす犬に関しても一緒!愛犬と赤ちゃん、いつから一緒に生活をおくれるのでしょうか?

犬が人に及ぼす影響や、いつから一緒に共同生活をおくれるか?犬にとってのストレスなどについてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

5963269e9bcb8a6b88a4e406f0afc35c_s
インコアレルギーだったら?その症状を解説!

猫や犬などのアレルギーは一般的によく聞かれるアレルギーですよ...

cab1c3c72555f3d60fcde2924eab35ba_s
大学の先輩からのご飯の誘い♪後輩食事マニュアル

大学の先輩からのご飯の誘い! とても嬉しいものですよね...

3d5830a1504fd01037c785513afb09a8_s
風邪で鼻水が出ている時に抗生物質は効く?そんな疑問を解決!

風邪で熱が出ている…そんな時って抗生物質を処方されますよね!...

e14d36ad6f15d91c3eca71ed80d8d972_s
イソジンを使用し消毒したらしみる時は使用はどうするべき!?

傷口の消毒や風邪の予防をする代表的な消毒薬のイソジンですが、...

1fcfaf42c7259812220ecee74fb0be86_s
袴にはブーツ?靴下はどうする?そんな疑問を解決!

卒業式に袴を着る人が増えてきている中、ブーツ派と草履派に分か...

a29b62e686ee6855cd155a4f05f8f49f_s
大学生活を東京で!楽しい生活を送るコツは○○だった

大学生活を東京で楽しく過ごしたいと考えている人も多いのではな...

ea0ac6600ec224ff2c7da1100cce6d56_s
祖父母の葬儀で仕事は?恥をかかない大人の葬儀マナーをご紹介!

祖父母の葬儀で仕事は休める?休んでも行くべき?そんな疑問を持...

65bec82acff52ba2a279e64261e24198_s
胎児が小さく体重が増えない・・・そんな時の増やし方について

妊婦検診で胎児の体重が増えない・・・そんなふうに悩んだことは...

0d2d232a2e46e67f0b0bb3f172a4b8e8_s
コーチのカバンは自宅で洗濯出来る?キレイに保つ方法とは

コーチなどのブランド物のカバンは丈夫で、長年愛用出来ますがだ...

7644fbac572c5e30aa7582b044ffe92a_s
銀行の就職は難しいこともない!?銀行の内定を取るには?

銀行に就職するのは難しいだろうなぁ・・・と諦めるのはちょっと...

568cf150ad59c70615f0ba53af483a9f_s
バレエコンクールに出場する際、衣装について知っておきたいこと

バレエのコンクールに出場する際、必ず必要になるのが衣装です。...

5c13ef6708b99fe9c63e56937b974f60_s
赤ちゃんの名付け『碧』を使う名前に込められている意味とは

子供の名前で人気の『碧』を使った名前。 『碧』とは、ど...

2175e9675fc8093ab604ead8c4785a5d_s
閉経する年齢はいつ?閉経を計算する方法はあった!

最近なんだか調子が悪い事ありませんか?生理不順だったりしませ...

1bf185b95b362d81053dd713c8eb9452_s
高校推薦を取るための願書の書き方や志望動機の書き方について説明!

高校推薦を取りたい…!そんな学生が悩むのは志望動機の書き方や...

e5295c1f93d0a4c592ddbd7fc3a90065_s
小学校の運動会で広報委員が写真を撮る場合の注意点と活動内容

小学校のPTAには広報委員があります。運動会や卒業式などの行...

3b69326854599a2cd487a9c643debd13_s
インフルエンザで仕事を休めない!そんな時の対処法をご紹介

大事な商談や仕事などで、インフルエンザにかかっても仕事を休め...

6f1a1e664b3088c7ad3b6189d4e58ca8_s
ホーローのやかんは衝撃と錆びに注意してお手入れを♪

ホーロー製のやかんはデザインもかわいらしいものが多いですよね...

623c818c7876156236e7518d0a2b5151_s
窓を開けてエアコンは使わない?燃費を向上させる秘訣とは!

エアコンを使うと燃費が悪くなる…というのは多くの人が体感こと...

ab790a8daac71a847b41d7e9bc184d2d_s
幼稚園に入れるのは年少?年中から?気になる入園事情について

幼稚園の入園は年少から入れるのと年中から入れるのではいったい...

e40e133a63e7961971c6cba9a6775466_s
文系と理系の特徴にはどんなものがある?あなたは文系?理系?

文系と理系の特徴にはいったいどんな違いがあるのでしょうか? ...

スポンサーリンク

犬と赤ちゃんはいつから一緒に?犬が人に及ぼす影響について

周囲の人が心配するのは赤ちゃんへの健康被害です。その原因をきちんと知ることで、対処できますので、きちんと学んでおきましょう。

犬アレルギー

犬と赤ちゃんが一緒に暮らすときに心配な点として、まず挙げられるのが「アレルギー」です。どうして犬アレルギーは起こってしまうのでしょうか。

アレルギーとは、体内に取り込まれた異物を排除する「免疫」機能が、食べ物やホコリなど様々な「アレルゲン」に過剰に反応してしまうために起こる症状で、かゆみやくしゃみ鼻水などの反応が出ます。

この「アレルゲン」は、犬の毛やフケ、ヨダレ、尿などにも含まれているため、犬を飼っているとアレルゲンを体内に取り込む機会が多くなります。

個人差がありますが、アレルゲンを一定量体内に取り込むことで、「lgE抗体」というタンパク質が体内に作られると、喘息やその他のアレルギーを発症します。

新生児のうちから鼻水などで苦しむことになれば、赤ちゃんもママも大変です。犬の飼い方を見直し、室内は常に清潔にしてアレルゲンを排除しておくことが大切になるでしょう。
引用元-愛犬と赤ちゃんが仲良く同居するコツ6つ!どっちも大切な家族! – マーミー

今飼っている犬と赤ちゃんは、いつから一緒でも大丈夫?

おそらく本当に一緒にするのはなかなか難しいのかな?と、、、というのも、犬のトイレとか水とかって、絶対子供触りに行くんですよ。で、うちはミニチュアダックス×2を室内で飼育していましたが、2LDKの賃貸で1部屋をほぼ犬用にしてました。で、その部屋からは出さないようにしてましたし、、、うちは、躾がなってなかったので、、、ゲージとかに入れれなかったので;;
ゲージで可能なら、ゲージに入れれるなら、柵とかははずしてもいいのかなと、、で、時間を決めて出してあげる的な、、

で、食糞ですが、これは犬にストレスがたまると行う行為ですので、それも少し問題かなと、、、でも、やはり、犬もスペースや赤ちゃんがきてストレスがたまるのは仕方無いんですけどね。。。ただ、それが酷くなると少し赤ちゃんでは怖いかなと、、、見てないところでかむかもしれないですよね。。なので、まだ言うことが分かるようになるまでは本当に一緒にずっとというのは少し厳しいかなと、、やって、やれないことはないですが、、、
引用元-乳児と室内犬いつから一緒に? – 生後8ヶ月になる子供がいます。妊娠前から室… – Yahoo!知恵袋

犬と赤ちゃん一緒の生活はいつから?生活環境を分けるきっかけ

産後から生後6か月までは生活環境を分けました
引用元-赤ちゃんと犬、いつから一緒に過ごす?我が家は生後6か月で開始! – loveDorothy’s diary

我が家には、姫さんの誕生から自由自在に家の中を移動できなくなり、不自由な思いをしてきた仔がいます。

それが初登場のドロ氏(6歳♀:トイプードル)です。

そう、私の名前になっている彼女です。
はじめまして❁

ここ最近まで、姫さんの生活空間とドロ氏の生活環境は分けていました。理由は自分がしっかり1人と1匹を見守ることができなかったからです。育児だけで手一杯。アレルギーなどの姫さんの万が一に対する自信もなかったですし、プラスαのことまで手が届きませんでした。

当時はドロ氏にはリビングで過ごしてもらい、姫さんにはリビング横の部屋で過ごしてもらうようにしていました。姫さんをリビングに連れてきたときは、申し訳ないけれど、ゲージで過ごしてもらうこともありました。

ドロ氏はとっても甘えん坊で、私の膝の上が大好き。
しかし、産後間もない頃、姫さんとドロ氏を初めて触れ合わせた際に、抱きかかえてた姫さんから膝の上を奪い返そうというような行動をしてしまい、その行動がしばらく別々に生活させることを後押しする結果になりました。

引用元-赤ちゃんと犬、いつから一緒に過ごす?我が家は生後6か月で開始! – loveDorothy’s diary

犬にとっても赤ちゃんとの生活はストレスに?ペットのケアについて

ペットにもケアが必要

ペットに対する赤ちゃんのケアについて書いてきましたが、赤ちゃんが新しく家族に加わるときには、ペットをしっかりケアしてあげることも忘れてはいけません。ママやパパの関心や愛情が急に赤ちゃんに移ってしまうと、ペットは孤独になり、ストレスを抱えてしまいます。

赤ちゃんを大切にする余り、無意識のうちにペットを無視してしまったり、鳴き声で赤ちゃんが眠りから覚めてしまったときに叱ってしまったりすると、ペットにストレスが溜まり、脱毛などの症状として現れることがあります。こうしたことがないように、赤ちゃんが産まれた後も、ペットをこれまでと変わらず世話してあげることが大切です。

また、ペットが特にママになついていた場合、ママが赤ちゃんの世話が忙しくてペットに愛情を注ぐ機会が大幅に減ってしまうため、パパや他の家族が代わりにケアしてあげることが大切だと動物の専門家はアドバイスしています。
引用元-ペットが赤ちゃんの健康に与える影響 |

犬と赤ちゃん、生活環境をともにする場合の注意点

犬にシャンプーもしっかりとする

赤ちゃんと犬が、一緒の空間にいると、ダニやノミが赤ちゃんに感染して、赤ちゃんが皮膚病になってしまうことがあるので、犬のシャンプーをしっかりしましょう。犬のシャンプーは、しすぎると犬の皮膚が悪くなってしまうので、目安としては多くて月に2回程度でいいと思います。それ以外でも汚れを感じたら、その都度犬を洗ったり、拭いたりしてあげてください。

犬が赤ちゃんを舐めないように気をつける

赤ちゃんを、床にゴロンと寝かせてしまうと、赤ちゃんの匂いに反応して、犬は悪気がなくても赤ちゃんを舐めてしまいます。なので、対処としては、赤ちゃんを床に寝かすのはやめて、ベビーベッドで寝かせましょう。

犬の唾液には細菌などもいるので、抵抗力の弱い赤ちゃんは、感染しやすいので気を付けてください。犬と赤ちゃんの距離感をしっかりと保つようにしてください。また、赤ちゃんを犬になめさせないように、しつけをしておくのもいいかと思います。

しっかりと犬のしつけをする

犬と飼い主の信頼関係をしっかりと築いておきます。そして、しっかりとしつけもしておきましょう。赤ちゃんをベビーベッドで寝かせている時に、犬が赤ちゃんに飛びつきにいったり、また、飼い主さんが赤ちゃんを抱っこしているときに、飛びついたりすると危ないので、犬の飛びつき、犬の甘噛みなど、しっかりとしつけをしておきましょう。赤ちゃんを、守るだけではなく、犬の健康管理などにもつながります。
引用元-犬と赤ちゃんが一緒に暮らすために知っておきたい病気と健康

 - 未分類

ページ
上部へ