知恵の活用ライブラリ

ウィズダムライブラリ

赤ちゃんや子供が咳が1ヶ月以上続く時に考えられる病気と原因

   

赤ちゃんや子供が咳が1ヶ月以上続く時に考えられる病気と原因

赤ちゃんや小さな子供が咳をすると心配ですよね。夜も眠れなかったり・・・。

1ヶ月近く続いたら考えられる病気とや原因はどんなことでしょうか?

咳をし始めたらどんな対策や対処法などがあるのかを調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
インフルエンザで仕事を休めない!そんな時の対処法をご紹介

大事な商談や仕事などで、インフルエンザにかかっても仕事を...

no image
ホーローのやかんは衝撃と錆びに注意してお手入れを♪

ホーロー製のやかんはデザインもかわいらしいものが多いです...

no image
窓を開けてエアコンは使わない?燃費を向上させる秘訣とは!

エアコンを使うと燃費が悪くなる…というのは多くの人が体感...

no image
幼稚園に入れるのは年少?年中から?気になる入園事情について

幼稚園の入園は年少から入れるのと年中から入れるのではいっ...

no image
文系と理系の特徴にはどんなものがある?あなたは文系?理系?

文系と理系の特徴にはいったいどんな違いがあるのでしょうか...

no image
【美髪の秘訣】白髪にはメッシュやハイライトカラーがお勧め

白髪に悩んでいる人は多いのではないでしょうか? 染...

no image
乳児が熱の時冷えピタを貼っても大丈夫?貼る場合の注意点!

熱を出した時によくおでこに貼るのが「冷えピタ」ですよね。...

no image
爪が黄色く変色する時に考えられる原因や病気

爪が黄色く変色した、という経験をした方はいますか? ...

no image
旦那には小遣いなし!?ユニークなお小遣い事情!

旦那さんのお小遣いっていくら渡していますか?中にはお小遣...

no image
台所の掃除にはスポンジが使える!賢い台所の掃除方法をご紹介

台所の掃除にも使えるスポンジ!汚れたらまとめてするのでは...

087351
風呂の椅子は重曹につけ置き洗いで簡単お掃除!

洗っているのに気付くと汚れが蓄積されていく風呂の椅子は掃除が...

623136
エアコンのコンプレッサーで耐用年数が変わってくるんです!?

エアコンのコンプレッサーの調子はどうですか?耐用年数に大きく...

634866
もう悩まない!高校受験の面接で志望動機を答える際のポイント

高校受験では面接もありますが、その中で志望動機を聞かれること...

335351
手荒れ対策に手袋を!水仕事にはビニール手袋をしよう

毎日の家事などで手荒れがひどくてお悩みの方はいませんか? ...

118803
【初心者OK!】ブラウニーの簡単おいしいレシピ☆

お菓子作り初心者でも、比較的作りやすいブラウニー。 工...

617271
水槽に合ったヒーター選び教えます。設置時の注意点とは!

水槽の水温を一定に保つためのヒーター。設置するためにどんなこ...

658353
クラミジア検査は保険が適用されるの?保険適用だと〇割負担!

クラミジアの検査を受ける場合は病院へ行くのが一般的ですが、保...

100301
肌のハリが戻る可能性も?日々の習慣で肌が変わる!

肌は年齢と共にハリがなくなったり衰えてきたりします。年を重ね...

447267
名古屋から京都まで車移動する場合の時間と費用!

名古屋から京都まで車で移動する場合に気になるのが時間や費用で...

114634
風邪や鼻水には抗生物質が処方されない理由について

風邪で鼻水がひどいときに病院を受診しても抗生物質は処方されま...

スポンサーリンク

赤ちゃんの咳が1ヶ月近く続く時に考えられる原因と注意点

赤ちゃんが咳をすると心配ですよね。しかし赤ちゃんは咳が出やすいことが普通なのです。
どうして咳が出やすいのかというと、咳をすることは、鼻や気管に異物が入った時にその異物を押し出すための反射的な行動だからです。しかし、赤ちゃんは空気の通り道が非常に狭いため、小さな異物にも敏感に反応してしまうのです。

赤ちゃんが咳をしているときは、その大半が、呼吸器官のどこかに異物が侵入し、それを追い出そうとしているのです。だから大人よりも敏感に咳をたくさんしてしまうのです。
赤ちゃんの咳払いはママが緩和してあげよう
赤ちゃんは、痰がからんでも気管が狭いこともあり、自分で痰を上手に出すことができません。そのため咳払いをすることが多いのです。そんな時には赤ちゃんが少しでも楽になるように手伝ってあげましょう。

赤ちゃんが咳払いをするタイミングで、背中をポンポンとリズミカルにたたきます。下から上に向かってたたいてあげることで、喉に張り付いていた痰がはがれおちます。

赤ちゃんが咳払いをすることは珍しいことではありませんので、その都度上手に対処してあげることで不快な痰を取ってあげられるといいですね。
引用元-赤ちゃんの咳で考えられる原因はなに 注意点と対策|cuta 【キュータ】

赤ちゃんの咳が1ヶ月近く長引く時に考えられる病気とは

肺炎

肺に炎症が起きた状態です。症状は、発熱、咳、呼吸困難などで、胸部レントゲンで診断されます。原因は、主に細菌やウイルス、マイコプラズマという微生物によるもので、基本は抗菌薬の投与で治ります。それでも効かなければ点滴や入院が必要となります。咳と熱が4日以上続く場合は、肺炎の可能性も考えられます。

気管支炎

気管支に炎症が起きた状態で「発熱→乾いた咳→痰を伴う湿った咳」に変化するのが特徴です。原因はウイルス感染で、乳幼児の気管支炎の半数以上は、RSウイルスによるものだと言われています。そのため、RSウイルスが流行する12~3月の頃に多く見られます。基本は薬で治療しますが、ひどくなると入院するケースもあります。
引用元-赤ちゃんの咳が長引く!止まらない原因は?続くときの対処法は? – こそだてハック

小児気管支ぜんそく

ゼーゼー、ヒューヒューなど、いわゆる喘鳴が聞こえるような状態のときは小児気管支ぜんそくの可能性も。赤ちゃんがゼーゼーとして苦しそうに咳をしているときには、小児気管支ぜんそくが疑われます。小児気管支ぜんそくの約80%は3歳までに発症するといわれますが、多くはアレルギーによるものなので、原因となるアレルゲン(ダニ、カビ、ホコリなど)を取り除くことが第一です。

百日咳

百日咳菌に感染して起きる呼吸器官の感染症です。最近ではワクチン接種により、感染者数は減少傾向にありますが、まれに流行することがあります。初期症状は、咳、鼻水、くしゃみなど風邪と変わらないので気が付きにくいですが、百日というだけあり長く続くのが特徴です。治療法は、抗菌薬を投与します。
引用元-赤ちゃんの咳が長引く!止まらない原因は?続くときの対処法は? – こそだてハック

赤ちゃんや子供が咳が1ヶ月以上続くと軽い喘息を持っている可能性も

咳が1ヶ月から2ヶ月続いたことはありませんか?
薬を飲んでもなかなか治まらず、いつになったら治るんだろう?って疑問に思いながら通院を続けたことのある方はいっぱいいると思います

軽い風邪ならば多くは2週間以内に咳は落ち着いてきます

しかし、子供は元々咳の反射が強いこと、まだ痰を上手に出せないなど、いろいろな原因で長引いてしまうのです
まず、気道の炎症が強くなると、しばらくは気道が過敏な状態が続いてしまいます

気道が過敏な状態が続く間(1ヶ月程度)はちょっとした刺激(冷たい空気、乾燥した空気、運動)などでもすぐに咳き込んでしまいます

喘息を持っている子供の場合は、特にこの気道が過敏な状態を常に持っている可能性があり、長引きやすいです
しかし、咳が長引くから喘息というわけではありません

咳が長引く子の一部が軽い喘息を持っている可能性があるんです
このような時は喘息の時に使うようなお薬を使うと、気道の過敏な状態を早くもとに戻す作用もあり、落ち着いてくることがあります
引用元-長引く咳 of おひげせんせいのこどもクリニック

赤ちゃんが咳をして辛い時の対処法と対策

咳が出たら縦抱っこを

咳が出ているときは上体を起こしてあげると楽になることがあります。生後1ヵ月では首がすわっていないので普段は横抱きですよね。赤ちゃんの様子を見ながら、咳が辛そうなときには縦抱きにしてあげましょう。

部屋の空気を綺麗にしておく

赤ちゃんが過ごす部屋は綺麗な空気であることが理想。風邪だけでなく、室内のほこりが原因となって更に咳が出やすくなってしまうこともあります。1時間に1回は窓を開けて換気をし、部屋の空気を綺麗にしましょう。

空気清浄機があればなお良いですね。

部屋の湿度を高くする

空気が乾燥していると、どうしても咳が出やすくなります。特に冬場は乾燥しやすくなるので、加湿器や濡れたタオルを干すなどして部屋の湿度を高くしましょう。

水分補給をこまめにする

これも喉が乾燥しないようにするために大切なことです。冷たいと喉を刺激してしまうので、ミルクをあげる時と同じくらいの温度がいいですね。

もしも吐いてしまったら…

咳をするとどうしてもお腹に力が入り、胃が圧迫されることで吐いてしまう赤ちゃんも多いです。生後1ヵ月であれば母乳やミルクの吐き戻しもまだある時期ですし、吐いたあとも元気であれば問題ありません。

ただし、寝ている時に吐くと気管に詰まってしまうこともあるので顔を横に向けてあげるようにしましょう。
引用元-生後1ヶ月でも風邪は引く?咳・鼻水がひどい原因と対処法!重症化するとどうなる? | ママズアップ

お子さんに咳が出始めた時、咳の種類での病気を見逃さないで!

咳は発熱とならんで、子どもの病気の代表的な症状です。
もともと咳というのは、口から肺につながる気道(空気の通り道)のどこかに外部から侵入したかぜのウイルスやほこり等の異物があるとき、その異物を排除しようとして反射的に起こる人間の自然な防御反応です。
しかし、咳の背後には原因となるさまざまな病気が潜んでいます。
子どもの揚合、よくみられるのが、かぜ等の呼吸器感染症、気管支哨息、副鼻腔炎等です。
お子さんの咳は、体の中に何らかの異常があることを伝えるサインですから、咳が出始めたら、軽く考えないで注意深く見守ってあげてください。

咳にも種類があります

ひと口に咳といっても、いろいろ特徴があります。
お子さんが咳くときの音を聞いてみると、軽い調子の「コン、コン」という乾いた感じの咳(乾性咳嗽)や、痰がからんだ「ゴホン、ゴホン」という湿った感じの咳(湿性咳嗽)があります。まれに「ケン、ケン」と犬が吠えるように聞こえる犬吠様咳嗽という咳もあり、呼吸困難につながる重症の病気の症状のことがあります。
ひどくなると、入院して治療を受ける必要があります。
咳の続く期間も重要です。3週間未満で落ち着く咳(急性の咳)、 3~8週間続く咳(遷延性の咳)、 8週間以上続く長引く咳(慢性の咳)、として区別しています。

お子さんの咳が続く期間や、咳の様子を知ることは、その背後に潜む病気を見つける重要な手がかりとなるのです。
引用元-こどもの咳のおはなし ~お子さんの咳について知っておきましょう | 病気の知識 | 患者・ご家族の皆さま | シオノギ製薬(塩野義製薬)

 - 病気・薬

ページ
上部へ