知恵の活用ライブラリ

ウィズダムライブラリ

メイアクトは細菌による感染症に処方。小児にも。咳や鼻水など

      2016/12/16

メイアクトは細菌による感染症に処方。小児にも。咳や鼻水など

メイアクトとは抗菌薬(抗生物質)です。

成人~小児まで、感染症やいわゆる風邪の症状に処方されます。

咳・鼻水・溶連菌・副鼻腔炎・中耳炎・肺炎など

用法・用量を守って処方された分量をしっかりと服用しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
インフルエンザで仕事を休めない!そんな時の対処法をご紹介

大事な商談や仕事などで、インフルエンザにかかっても仕事を...

no image
ホーローのやかんは衝撃と錆びに注意してお手入れを♪

ホーロー製のやかんはデザインもかわいらしいものが多いです...

no image
窓を開けてエアコンは使わない?燃費を向上させる秘訣とは!

エアコンを使うと燃費が悪くなる…というのは多くの人が体感...

no image
幼稚園に入れるのは年少?年中から?気になる入園事情について

幼稚園の入園は年少から入れるのと年中から入れるのではいっ...

no image
文系と理系の特徴にはどんなものがある?あなたは文系?理系?

文系と理系の特徴にはいったいどんな違いがあるのでしょうか...

no image
【美髪の秘訣】白髪にはメッシュやハイライトカラーがお勧め

白髪に悩んでいる人は多いのではないでしょうか? 染...

no image
乳児が熱の時冷えピタを貼っても大丈夫?貼る場合の注意点!

熱を出した時によくおでこに貼るのが「冷えピタ」ですよね。...

no image
爪が黄色く変色する時に考えられる原因や病気

爪が黄色く変色した、という経験をした方はいますか? ...

no image
旦那には小遣いなし!?ユニークなお小遣い事情!

旦那さんのお小遣いっていくら渡していますか?中にはお小遣...

no image
台所の掃除にはスポンジが使える!賢い台所の掃除方法をご紹介

台所の掃除にも使えるスポンジ!汚れたらまとめてするのでは...

087351
風呂の椅子は重曹につけ置き洗いで簡単お掃除!

洗っているのに気付くと汚れが蓄積されていく風呂の椅子は掃除が...

623136
エアコンのコンプレッサーで耐用年数が変わってくるんです!?

エアコンのコンプレッサーの調子はどうですか?耐用年数に大きく...

634866
もう悩まない!高校受験の面接で志望動機を答える際のポイント

高校受験では面接もありますが、その中で志望動機を聞かれること...

335351
手荒れ対策に手袋を!水仕事にはビニール手袋をしよう

毎日の家事などで手荒れがひどくてお悩みの方はいませんか? ...

118803
【初心者OK!】ブラウニーの簡単おいしいレシピ☆

お菓子作り初心者でも、比較的作りやすいブラウニー。 工...

617271
水槽に合ったヒーター選び教えます。設置時の注意点とは!

水槽の水温を一定に保つためのヒーター。設置するためにどんなこ...

658353
クラミジア検査は保険が適用されるの?保険適用だと〇割負担!

クラミジアの検査を受ける場合は病院へ行くのが一般的ですが、保...

100301
肌のハリが戻る可能性も?日々の習慣で肌が変わる!

肌は年齢と共にハリがなくなったり衰えてきたりします。年を重ね...

447267
名古屋から京都まで車移動する場合の時間と費用!

名古屋から京都まで車で移動する場合に気になるのが時間や費用で...

114634
風邪や鼻水には抗生物質が処方されない理由について

風邪で鼻水がひどいときに病院を受診しても抗生物質は処方されま...

スポンサーリンク

【メイアクト】小児の咳や鼻水などのいわゆる風邪に処方されます。

概説
細菌を殺菌するお薬です。細菌が原因のいろいろな病気に用います。

作用
【働き】

感染症は、病原微生物が人の体に侵入し悪さをする病気です。腫れや発赤を生じ、ときに化膿し、痛みや発熱により苦痛をもたらします(実は、このような症状は病原微生物と戦うための体の防衛システムでもあるのです)。

病原微生物には、細菌やウイルス、真菌(カビ)などが含まれますが、このお薬が有効なのは“細菌”による感染症です。グラム陽性菌をはじめ、グラム陰性菌の多くに有効です。病原菌が死滅すれば、腫れや発赤がおさまり、痛みがとれ、熱があれば解熱します。

いろいろな細菌に有効なので、呼吸器や耳鼻科領域を中心に各科で広く使われています。のどの痛みや発熱をともなう“かぜ”にも処方されます。本来、インフルエンザを含め一般的なウイルス性の“かぜ”には無効なのですが、細菌による二次感染時やその予防のために用いることがあります。

【薬理】

細菌の細胞壁の合成を抑えることで、殺菌的に作用します。
引用元-セフジトレン:メイアクトMS

メイアクトは抗菌薬。小児にも使われます。咳の症状にも処方

メイアクト(CDTR-PI)とフロモックス(CFPN-PI)はいずれも経口セフェムに分類される抗菌薬です。錠剤、細粒の剤型があり、子供から大人まで広く使われます。
いずれもグラム陽性菌とグラム陰性菌の一部に抗菌活性があり、上気道炎(中耳炎、鼻副鼻腔炎、咽頭喉頭炎など)では頻用される薬です。

両者の間に明確な違いはありません。
敢えて言うならメイアクトの方がやや早く上市されたため、小児の中耳炎に関するevidenceが豊富で、ガイドラインでの推奨薬剤になっています。フロモックスはevidence不足で推奨薬剤になっていません。
しかし、実際の所あまり使って見た効果に違いはないように感じています。

主さんの場合、1回目の受診できちんと鼻腔、咽頭の培養(細菌検査)を行い、2回目の受診時にその結果を参照して処方したのなら、「検査結果に基づいて効果があると予測された抗菌薬を処方した」と考えられ、感染症治療の原則に則った診療を受けておられると評価できます。
引用元-フロモックスとメイアクトの違い – 先週、のどの痛みと鼻水で耳鼻科… – Yahoo!知恵袋

メイアクトは感染症の治療薬。小児には主に耳鼻科系で処方。咳にも

メイアクトMS錠はセフェム系と呼ばれる抗生物質の1つです。

黄色ブドウ球菌、大腸菌、表皮ブドウ球菌などの細菌によって引き起こされる感染症の治療に使用されています。

気管支炎(きかんしえん)や咽頭炎(いんとうえん)、中耳炎(ちゅうじえん)、副鼻腔炎(ふくびくうえん)などの感染症で処方されることが多く、使用したことがある方も多い薬だと言えるでしょう。

抗生物質とは?

細菌による感染症にかかると処方される抗生物質ですが、一体どのようなものなのでしょうか?

ここでは抗生物質の働きについて見ていきます。

抗生物質とは、抗菌性物質のことで殺菌作用を持つ

抗生物質はアオカビなどの微生物によって作られる有機物質(ゆうきぶっしつ)のことで、他の微生物の生育や活動を阻止する効果があります。

このことから、これらの有機物質は「抗生物質」と名付けられたのです。

使用する生体そのものに作用するのではなく、感染症の元となっている細菌のみに作用するので、副作用が出にくいことが最大の特徴です。
引用元-メイアクトの効果が出るのはいつ頃?副作用を知っておこう! | ヘルスケアPOCKET【病気の症状・原因・治療法を解説】

子供がメイアクトを処方されるの主な症状

メイアクトが処方される病気で子供がよくかかるのは?

メイアクトは抗生物質なので、細菌が原因となる病気の場合に主に処方されます。季節性の風邪かと思ったら、細菌が原因ということも多いです。風邪に似た症状で子供がよくかかる病気で、メイアクトが使われる場合について紹介します。

①溶連菌感染症

溶連菌感染症は、のどの痛みと同時に38℃~39℃の高熱が出ます。嘔吐することもあります。1~2日後、かゆみのある発疹が広がって、舌もイチゴのように真っ赤になるのが特徴です。

②百日咳

百日咳は、軽い咳と鼻水の症状が、徐々に特有の咳に変わっていき、その咳が1か月以上続きます。激しく咳き込み、息を吸い込むときにヒューヒューと喉が鳴ります。

③急性中耳炎

38℃以上の高熱が出ることがあり、症状が進行すると中耳に膿が溜まって、鼓膜が破れて黄色い耳垂れが出ます。原因菌としては、インフルエンザ菌や肺炎球菌、モラクセラ・カタラリースによるものがほとんどです。

④細菌性肺炎

風邪をこじらせたときにかかりやすく、高熱や痰が絡んだ激しい咳、呼吸困難などの症状が現れます。原因菌には、肺炎球菌やブドウ球菌、インフルエンザ菌があります。
引用元-子供の風邪でメイアクトが処方される目的 | iGotit

子供が風邪をひいた時に処方される抗生物質の一つがメイアクト

肺炎の種類によって異なる抗生物質

子供が風邪をひいたときに抗生物質が処方されます。その理由は、風邪をひいて免疫力が衰えた体には、細菌が入りやすく、新たな2次感染を防ぐためと言われています。

また、肺炎は、細菌によって起こることが多いので抗生物質を使うと言われています。

病気の症状によって処方される物が違います。肺炎の場合はどのような抗生物質が処方されるのでしょうか。マイコプラズマ肺炎の場合は、高熱や痰が絡まない咳が続く特徴があります。そのような場合は、

・クラリス
・クラリジッド
・ジスロマック
・エリスロシン
・リカマイシン

などのマクロライド系といった抗生物質を使います。細菌性肺炎の場合は、高熱や痰が絡んだ激しい咳、呼吸困難などが引き起こされる特徴があります。そのような場合は

・フロモックス
・メイアクト
・セフゾン

と言ったセフェム系やパセトシン、ワイドシンといったペニシリン系の抗生物質を使います。抗生物質は症状を治すために使う意外にも感染予防としても使われます。

風邪が長引くと免疫力が低下し、病原菌が入り込みやすくなります。肺炎にならないためにも処方されることもあるのです。
引用元-子供の肺炎の抗生物質の種類と点滴や効かない例や副作用は?

 - 病気・薬

ページ
上部へ