知恵の活用ライブラリ

ウィズダムライブラリ

頭痛と腹痛が同時に起こったら病院へ!大病かもしれません

      2016/12/07

頭痛と腹痛が同時に起こったら病院へ!大病かもしれません

日本人に多い頭痛、それと同時に腹痛が起こってしまった場合、病院へ行った方が早く治るのでしょうか?

市販の薬で治らなければ病院へ行くべき?それとも万が一の病気のためにすぐにでも病院へ行ったほうがいいの?

頭痛と腹痛が同時に起こったらすぐ病院へ!考えられる病名について教えます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
インフルエンザで仕事を休めない!そんな時の対処法をご紹介

大事な商談や仕事などで、インフルエンザにかかっても仕事を...

no image
ホーローのやかんは衝撃と錆びに注意してお手入れを♪

ホーロー製のやかんはデザインもかわいらしいものが多いです...

no image
窓を開けてエアコンは使わない?燃費を向上させる秘訣とは!

エアコンを使うと燃費が悪くなる…というのは多くの人が体感...

no image
幼稚園に入れるのは年少?年中から?気になる入園事情について

幼稚園の入園は年少から入れるのと年中から入れるのではいっ...

no image
文系と理系の特徴にはどんなものがある?あなたは文系?理系?

文系と理系の特徴にはいったいどんな違いがあるのでしょうか...

no image
【美髪の秘訣】白髪にはメッシュやハイライトカラーがお勧め

白髪に悩んでいる人は多いのではないでしょうか? 染...

no image
乳児が熱の時冷えピタを貼っても大丈夫?貼る場合の注意点!

熱を出した時によくおでこに貼るのが「冷えピタ」ですよね。...

no image
爪が黄色く変色する時に考えられる原因や病気

爪が黄色く変色した、という経験をした方はいますか? ...

no image
旦那には小遣いなし!?ユニークなお小遣い事情!

旦那さんのお小遣いっていくら渡していますか?中にはお小遣...

no image
台所の掃除にはスポンジが使える!賢い台所の掃除方法をご紹介

台所の掃除にも使えるスポンジ!汚れたらまとめてするのでは...

087351
風呂の椅子は重曹につけ置き洗いで簡単お掃除!

洗っているのに気付くと汚れが蓄積されていく風呂の椅子は掃除が...

623136
エアコンのコンプレッサーで耐用年数が変わってくるんです!?

エアコンのコンプレッサーの調子はどうですか?耐用年数に大きく...

634866
もう悩まない!高校受験の面接で志望動機を答える際のポイント

高校受験では面接もありますが、その中で志望動機を聞かれること...

335351
手荒れ対策に手袋を!水仕事にはビニール手袋をしよう

毎日の家事などで手荒れがひどくてお悩みの方はいませんか? ...

118803
【初心者OK!】ブラウニーの簡単おいしいレシピ☆

お菓子作り初心者でも、比較的作りやすいブラウニー。 工...

617271
水槽に合ったヒーター選び教えます。設置時の注意点とは!

水槽の水温を一定に保つためのヒーター。設置するためにどんなこ...

658353
クラミジア検査は保険が適用されるの?保険適用だと〇割負担!

クラミジアの検査を受ける場合は病院へ行くのが一般的ですが、保...

100301
肌のハリが戻る可能性も?日々の習慣で肌が変わる!

肌は年齢と共にハリがなくなったり衰えてきたりします。年を重ね...

447267
名古屋から京都まで車移動する場合の時間と費用!

名古屋から京都まで車で移動する場合に気になるのが時間や費用で...

114634
風邪や鼻水には抗生物質が処方されない理由について

風邪で鼻水がひどいときに病院を受診しても抗生物質は処方されま...

スポンサーリンク

頭痛と腹痛が同時に起こったら病院へ行こう!こんな病気の可能性も

頭痛と腹痛が同時に表われる場合その1:反復性腹痛

頭痛と腹痛が同時に起きる場合、それは反復性腹痛の可能性があります。反復性頭痛というのは、多い方で毎日、少ない方で月に一回腹痛が起き、それが3カ月以上続くという病気です。この病気はお腹のどのあたりが痛いか、ということによって見極められると言われています。ほとんどの場合へその周りに腹痛を感じることが多く、また1時間くらいの短時間で腹痛は治まります。

反復性腹痛の原因としては消化性潰瘍、胃や十二指腸潰瘍、慢性の便秘、炎症性腸疾患、慢性膵炎などが考えられます。また心理的なストレスや過敏性腸症も挙げられ、この過敏性腸症が反復性腹痛の一番の原因と言われています。こまめに病院に通い、処方された薬を飲むことによって症状を緩和させることができます。

頭痛と腹痛が同時に表われる場合その2:心身症

この病気も頭痛と腹痛を同時に起こす病気として知られています。心身症は精神的なストレスが原因で身体的に様々な症状が引き起こされる病気です。先程の反復性腹痛もこれに含まれる場合がるでしょう。

主にストレスが原因で起きるのが心身症です。学校や職場、家庭におけるストレスによって頭痛や腹痛が起きることがあると言われています。とはいえ、頭痛と腹痛が同時に起きたからと言って、すぐさま心身症と決めつけてはいけません。もしかしたら何かの病気の兆候かもしれないからです。まずは病院へ行きましょう。

頭痛や腹痛の原因が心身症だということが分った場合は、薬を用いての治療が行われます。
引用元-頭痛と腹痛が同時に起きた場合に考えられる4つの原因 | iGotit

頭痛と腹痛が起きた私の体験談・・・病院へ行ってたら入院してた?

私は頭痛と腹痛に一緒なったことがあります。この2つの病気になったときは、すごくお腹が痛く、少しおかゆを食べただけでも、トイレにいってしまい、全てを出してしまいました。水分を少し取っただけでも、だめでトイレで全て出してしまい、その時は朝から2時間くらいで7回もトイレにいってしまいました。
ちなみにこの時に熱は39.6度も有りました。なので朝からものすごく頭もいたかったです。ちなみにこの日は日曜日ですが、病院に行って診察を受けましたが病名は急性胃腸炎で明日まで耐えれば直るだろうと医者に言われてしまいました。まあ、2日たったら熱も引き、お腹の痛みもなくなったので良かったですが、正直、あの時は本当につらかったです。
ちなみにこの時、検査をしなかったんですが、検査をしていたら、体の水分が少なすぎて、入院はしていたかもしれません。この頭痛や腹痛になった原因はその前の日に油っ濃いものを食べ過ぎて、なってしまったのでみなさんも油っ濃いものを食べ過ぎないように気を付けましょう。
引用元-腹痛と頭痛が起きた時の経験 Doctors Me(ドクターズミー体験談)

子供に腹痛を伴う頭痛が起こったら病院へ連れていった方がいい?

反復性腹痛

反復性腹痛とは、3カ月以上頭痛・腹痛の症状が続き、多い場合は毎日、少ない場合でも月に1回は症状が出ます。

1時間くらいの短時間で収まる症状です。腹痛はおへその周りや少し上部分にでますので、腹痛の痛い場所によって判断できるともいわれています。

最も多い原因は片頭痛、緊張性頭痛に頻繁になることや、乳製品を体の中でうまく分解出来ないこと、便秘などが挙げられます。

8~12歳に多くみられる病気で、5歳未満の子供にはあまり起こりません。男の子と女の子を比べると、女の子の方が反復性腹痛になりやすいようです。

虫垂炎

腸がにある虫垂が何らかの細菌に感染して炎症を起こすことを指します。最初はみぞおち辺りに痛みを感じ、次第に進行すると虫垂のある右下腹部に痛みを感じます。

さらに嘔吐、発熱をともなうこともありますので注意が必要です。子供は大人よりも進行が早いので、なるべく早く医師の診察を受けさせましょう。

虫垂のある右下腹部が痛み始めた頃なら、まだ手術をせずに点滴をしながら強力な抗菌薬で直すことが出来ますので早めの治療が必要です。

また、放置しておくと腹膜炎も発症する恐れもありますのでお腹が痛いと言ったらどこが痛いかで判断し病院へ連れていくことが良いかと思います。
引用元-子供の頭痛の原因って?吐き気や腹痛を伴う場合は?考えられる病気まとめ 【ママリ】

ストレスによる腹痛がある場合は内科に行けばいいの?

何となく行きにくいという方は内科でも良いかと思いますが、一時的な腹痛症状の緩和は出来ても根本的な解決に繋がるのは難しいのではないかと私は思っています。

ストレスの原因になっているものは何か?

ストレスをどうしたら解放できるのか?

といったストレスを専門に扱うのはやはり精神科、心療内科です。

最近はこの2つの病院、そしてお医者さんも忙しくてなかなか相談しにくいという方も中には出てくるかも知れません。

そんな時、腹痛の原因→ストレスの原因って何なんだろう?と自分で考えざるを得ない場合があります。

私の場合はある程度お医者さんに話すことはできましたが、実際に解決に向かうことが出来たのは、による補助+自分自身で何とかしようと思う考え方、努力でした。
引用元-ストレスによる腹痛がする。何科の病院に行けばいいの?

頭痛と吐き気が同時におこったら「低血圧」かも?

血圧が低くなる低血圧では、頭痛だけでなく吐き気、腹痛、胃の不快感、食欲不振などの消化器官の症状をともなうことがあるといいます。

頭痛、頭重感は低血圧の方の訴える症状としても頻度が高いもので、これは血圧が低下すると脳へ供給される血液が減少するために起こるためです。血圧を測ってみて、一般的に収縮期血圧(最高血圧)が100~110mmHg以下であれば低血圧になっている可能性があります。

また、立ち上がったときにフラフラとめまいがするのは起立性低血圧といいます。急に立ち上がったり、長時間立ち続けていたりすることがきっかけで起こります。座ったり寝たりしている時と、立ちあがった時に収縮期血圧(いわゆる上の血圧というやつです)が20mmHg以上開いている時にこの疾患と診断されます。

低血圧の改善には薬物治療などもありますが、運動をするなど日常生活の少しの見直しをすることが大切です。症状がひどい場合には医師に相談しましょう。
引用元-頭痛と吐き気が同時に襲ってきた!一体何の病気が疑われるの?12の原因と病気・9つの対処法を一挙紹介!|WELQ 【ウェルク】

 - 病気・薬

ページ
上部へ