知恵の活用ライブラリ

ウィズダムライブラリ

スキーやスケート。子供はどの年齢から始められるかを調査

      2016/11/18

スキーやスケート。子供はどの年齢から始められるかを調査

スキーなどのウィンタースポーツを子供が始めるのに適した年齢は?

冬がやってくるとスキー場へいく楽しみがありますね。子供と一緒にスキーなどができるのはいつ頃からなのでしょうか?

スキーのコーチなどの専門家の意見などをまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

196601
会社の朝礼が嫌でしかたない?朝礼はステップアップのヒントかも!

毎朝行われる会社の朝礼。スピーチや意見を求められたり、社長や...

003377
雨って鬱陶しい?それとも好き?雨が好きだと言う理由

しとしと ぼたぼた ザーザー 雨っていいよね…情緒的で… ...

616350
異性との会話が苦手!共通の趣味の話をみつけて盛り上がろう!

同性であれば全然平気なのに異性との会話がどうにも苦手で…とい...

610442
一般常識?マンションではお風呂は何時まで許されるのかを検証!

マンション住まいの人は時間を気にしないでお風呂に入ってますか...

106202
ファミレスは勉強の集中力をアップさせてくれるベストな場所

ファミレスやカフェで勉強なんて、音楽や人の声で集中できないん...

0a997b62e25bef1eeb9f7ff89d5596a4_s
バファリンを空腹に服用したら吐き気が!用法用量は守ること!

突然やってくる頭痛はほんとうにつらいですよね。頭痛といえばバ...

0d3b05f988b72b59544978baa6057c51_s
アルバイトをクビになりました。その場合の給与保証とは

バイトをクビになった! そもそもクビってアリなの? ...

69375d44935506ca8b5d4b0e91a02559_s
タイツを洗濯するとできる毛玉・・・その対策法について~

女性が愛用するアイテムのタイツ、洗濯したら毛玉ができた!なん...

942589f43d1697453f19c0e7124a706d_s
コンタクトレンズをネットと眼科で購入する時の差を比較!

コンタクトレンズを使用している人はネット購入が多いのではない...

431a796b13febdfc41e14ba7f8f2423d_s
うずらの卵は一般的に売られているものでも孵化することがある

卵を自分で温めてヒヨコを孵化させたい…と夢見たことある人はい...

2cc6406e996f86bcf62602f9cbad55eb_s
学校の先生が怖い…叱られることに慣れていないことも一因

学校の先生が怖いからと不登校になってしまう子どもたちがいるそ...

0ac816be3992482dfa31325687afef02_s
リリカは痛み止めの薬。ヘルニアの痛みに処方されることが多い

比較的新しい、リリカという痛み止めの薬があります。主にヘルニ...

9a663b0adcdb584686cf59a0c8756044_s
バドミントンは手首が大事!スマッシュを決めるコツはコレ!

馴染みのあるスポーツのバドミントン。みなさんルールってちゃん...

cea22712fbd18b2578b9a23103a231dc_s
シャツの襟にファンデーション!落とすポイントとコツ♪

気がつくとシャツの襟や袖、至るところにファンデーションがつい...

d74de97345ddb62941f7c7b303ebb135_s
過食嘔吐で吐きやすい状態の原因と対処法とは

ストレスや過度なダイエットで過食嘔吐を繰り返してしまう場合が...

ac_00001_01
ネットで名前を晒される…対処法をご紹介!

ネットでの誹謗中傷が減らないこの世の中、ネットで名前を晒され...

449605
バイトのシフトが少ないのは自分に原因がある

アルバイトでシフトを組む時に自分の都合だけでとっていませんか...

577782
ベランダのサッシを掃除するときのポイントを紹介いたします

ベランダのサッシの掃除はいったいどのようにしたらいいのでしょ...

Print
誤解してない?バイトの休憩時間に対して給料は出ません!

バイトで長時間働いていると休憩時間をもらっている人もいるので...

585784
コンタクトを外すとゴロゴロするのは要注意!その原因と対処法

コンタクトを外すと目がゴロゴロするとお悩みの方はいませんか?...

スポンサーリンク

スキーやスケート子供ができる年齢はいつごろから?

・5~10歳までの年齢では、男女の体力・体格に違いはない ドイツのサッカーチームでも、男子・女子が一緒にトレーニングし、試合に出場している

・精神面の負荷を抑えるため、競技会や試合に出場するのは8歳以上にするべき

・両親の希望を子供に過剰に託したり、子供への要求を必要以上に強くすると、ストレスにより子供が意気消沈し、やる気を失う

・女子の場合は食欲欠如症になる場合もある
引用元-子供がスポーツを始める年齢と種目 フィギュアスケート 水泳 サッカー スキー SPORT BILDより | 健康への試行錯誤

スキー

■年齢の目安 4歳

■必要条件
・身体の調整力
・ギムナスティック、動きを通して、スキーに必要な筋群の構築
・持久力

■リスク
・落下によるケガ
・腕と脚の骨折
・十字靱帯損傷
・ケガ、故障によって大きな成果が期待できない
引用元-子供がスポーツを始める年齢と種目 フィギュアスケート 水泳 サッカー スキー SPORT BILDより | 健康への試行錯誤

フィギュアスケート

■年齢の目安 5歳

■必要条件
・リズミカルな身体感覚と調整力
・体重が軽いこと

■リスク
・通常体温以下になる
・腎臓への悪影響(感染)
・股関節、膝関節のケガ
・高度な競技力が求められることからの不安による挫折
引用元-子供がスポーツを始める年齢と種目 フィギュアスケート 水泳 サッカー スキー SPORT BILDより | 健康への試行錯誤

スキーがダメでも年齢問わずにスキー場は子供にとって楽しい!

3歳ならスキーを始めるチャンス!

スノーボードは少し難しいけれどスキーなら3歳くらいの年齢になれば始めてみるのにいい時期だと思います。スキー場で開催しているキッズスクールも3歳から受けれるところが多いので3歳でスキーに興味のあるお子さんなら是非スクールに入れましょう!親がいくら上手でもやはり親だと甘えが出てしまいなかなか前に進めません。また親としてもついつい厳しくなってしまい、お子様がスキーを嫌いになってしまうかもしれません。スクールの方が確実に滑れるようになるのでおすすめです。

スキーじゃなくても雪遊びで楽しめる!

まだまだスキーは出来ない年齢のお子さんでもキッズパークだけでも十分に楽しむ事ができます。公園のような遊具がある所もありますし、子供が大好きなふわふわアイテムがたくさんあったり、ソリやチュービングをお父さんやお母さんと楽しむ事も出来ます。また雪遊びに疲れたら屋内のキッズルームがあるスキー場もあるので小さなお子さんでも安心です。
引用元-子供の年齢関係なくスキー場は楽しめる! | 調整さん

子供をスキースクールに入れた方がいい?年齢が低い子に対応してくれる?

こればっかりは運かもしれませんが、インストラクターは、スキーやスノボを滑るのがうまくて、教えるプロであるものの、学校の先生でもなければ保育士さんでもない方がほとんどです。なので、コーチが子どもの扱いに理解があるかどうかは全く別物です。また、インストラクターの資格はいくつかあるものの、基本的には大人やある程度もの後頃が付いている人を教える前提になっているので、小さい保育園児・幼稚園児の世代には慣れないコーチも多々いると思います。また、これは裏話ですが、上手なコーチほど上手な生徒さんを教えるようにつくため、キッズレッスンを担当するコーチはインストラクターとしても初心者である人が担当していることが多々あります。

そのため、最初の段階でコーチと子どもならではの理由で(例えば声がけひとつや、サポートなど)うまくいかず、成功体験が詰めず嫌いになってしまったりいやになってしまう可能性が無きにしも非ずです。

引用元-3歳息子の波瀾万丈スキーデビューでわかったこと【子どもはスキースクールに入れる?親が教える?どっちがいい?】 | ゆるまま

子供に2歳からスキーを教えて分かったこと

2才でスキーをする…というのはかなり難しいことが解った。
スキーの英才教育をするしても、この年齢でスキーをする意味を考えると多少疑問は残る。
この年齢の子をスキーに連れて行く親としては、いろんなパターンがあるだろう。
・将来スキーの選手にしたい。
・自分が滑りたいのだが、子供を置いていくわけにはいかないから連れて行く
・○才からスキーを始めた..という経歴を作る為にさせる。
・冬に体を動かすきっかけとして

■2、3歳の子をスキーに連れて行く上でまず考えなければいけないこと。
・駐車場から子供が滑れる場所までの距離が極力短いゲレンデを選ぶこと。
(雪がある地域ならば、別にゲレンデである必要は無いとも言える。)
・子供が滑ることに体力を使う為にも、極力歩かせない。
・スキーは重さのことを考えると、身長マイナス15cm以下がお勧め。
長くて重いと、その分子供の機動力が悪くなる。
・ストックは使えない。
・全くの平地と超緩斜面があるスキー場を厳選すること。

この年代の子供を連れて、宿泊のスキー旅行をしようというファミリーは、それなりの覚悟が必要です。
スキーブーツを履いた時点で子供の動きはかなり鈍り、やっと自由に歩く喜びを覚えた子供にとって、
雪上でスキーを履くことによって、また不自由になってしまう挫折感を味わいます。
気温が寒いことも手伝って、ゲレンデで急に元気がなくなります。
引用元-子供スキー用具・指導マニュアル:2歳でスキーをやらせてみました。

子供にはスノボ?スキー?教えるパパとママがキーマン

実はスキーもスノーボードもしないという人が約3割。また、スノーボードをする、というママが8%、パパが14%と思いのほか少ないのが印象的です。

つまり、子どもにウインタースポーツを教えているママパパは、その殆どがスキーヤー。その結果、子どももその多くが必然的にスキーヤーになっているといえるのではないでしょうか。

ママパパにとって、スキー・スノーボードのイメージはどうか?

次に、ママパパにとって、スキー・スノーボードのイメージについて聞いてみました。すると、特にスノーボードについては、「頭を打って、大事故につながるリスクがある」「転んだ際に足だけでなく、腕を骨折しやすいイメージ」等、特に怪我の危険性が大きいというイメージを持っている方が散見されました。スキーもスノーボードも、いずれも怪我の可能性があるスポーツですが、ママパパ自身がスキーヤーである方が多いことも影響しているのでしょうか?
引用元-スキー、スノーボードどっちを教える!?|まるわかりママパパ調査|cozre【コズレ】 子育てマガジン

 - 出産・育児・子育て

ページ
上部へ