知恵の活用ライブラリ

ウィズダムライブラリ

血小板が多い病気とは、その原因と注意点について

      2016/11/10

血小板が多い病気とは、その原因と注意点について

人にはみんな血小板があり、人によっては体質的に血小板が多いこともあります。

しかし、その血小板が増加しているときは病気の可能性もあるそうです。

そこで、血小板が多い病気とその原因と注意点についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

196601
会社の朝礼が嫌でしかたない?朝礼はステップアップのヒントかも!

毎朝行われる会社の朝礼。スピーチや意見を求められたり、社長や...

003377
雨って鬱陶しい?それとも好き?雨が好きだと言う理由

しとしと ぼたぼた ザーザー 雨っていいよね…情緒的で… ...

616350
異性との会話が苦手!共通の趣味の話をみつけて盛り上がろう!

同性であれば全然平気なのに異性との会話がどうにも苦手で…とい...

610442
一般常識?マンションではお風呂は何時まで許されるのかを検証!

マンション住まいの人は時間を気にしないでお風呂に入ってますか...

106202
ファミレスは勉強の集中力をアップさせてくれるベストな場所

ファミレスやカフェで勉強なんて、音楽や人の声で集中できないん...

0a997b62e25bef1eeb9f7ff89d5596a4_s
バファリンを空腹に服用したら吐き気が!用法用量は守ること!

突然やってくる頭痛はほんとうにつらいですよね。頭痛といえばバ...

0d3b05f988b72b59544978baa6057c51_s
アルバイトをクビになりました。その場合の給与保証とは

バイトをクビになった! そもそもクビってアリなの? ...

69375d44935506ca8b5d4b0e91a02559_s
タイツを洗濯するとできる毛玉・・・その対策法について~

女性が愛用するアイテムのタイツ、洗濯したら毛玉ができた!なん...

942589f43d1697453f19c0e7124a706d_s
コンタクトレンズをネットと眼科で購入する時の差を比較!

コンタクトレンズを使用している人はネット購入が多いのではない...

431a796b13febdfc41e14ba7f8f2423d_s
うずらの卵は一般的に売られているものでも孵化することがある

卵を自分で温めてヒヨコを孵化させたい…と夢見たことある人はい...

2cc6406e996f86bcf62602f9cbad55eb_s
学校の先生が怖い…叱られることに慣れていないことも一因

学校の先生が怖いからと不登校になってしまう子どもたちがいるそ...

0ac816be3992482dfa31325687afef02_s
リリカは痛み止めの薬。ヘルニアの痛みに処方されることが多い

比較的新しい、リリカという痛み止めの薬があります。主にヘルニ...

9a663b0adcdb584686cf59a0c8756044_s
バドミントンは手首が大事!スマッシュを決めるコツはコレ!

馴染みのあるスポーツのバドミントン。みなさんルールってちゃん...

cea22712fbd18b2578b9a23103a231dc_s
シャツの襟にファンデーション!落とすポイントとコツ♪

気がつくとシャツの襟や袖、至るところにファンデーションがつい...

d74de97345ddb62941f7c7b303ebb135_s
過食嘔吐で吐きやすい状態の原因と対処法とは

ストレスや過度なダイエットで過食嘔吐を繰り返してしまう場合が...

ac_00001_01
ネットで名前を晒される…対処法をご紹介!

ネットでの誹謗中傷が減らないこの世の中、ネットで名前を晒され...

449605
バイトのシフトが少ないのは自分に原因がある

アルバイトでシフトを組む時に自分の都合だけでとっていませんか...

577782
ベランダのサッシを掃除するときのポイントを紹介いたします

ベランダのサッシの掃除はいったいどのようにしたらいいのでしょ...

Print
誤解してない?バイトの休憩時間に対して給料は出ません!

バイトで長時間働いていると休憩時間をもらっている人もいるので...

585784
コンタクトを外すとゴロゴロするのは要注意!その原因と対処法

コンタクトを外すと目がゴロゴロするとお悩みの方はいませんか?...

スポンサーリンク

血小板が多いのは病気?原因とは

体質によるもの

基準値を超えていても、特に異常はないということもあります。

つまり、その人の体質的にもともと血小板が多く含まれている場合があるのです。

ただし、数値が高すぎると、以下で紹介するような血液の病気の原因となってしまうので注意が必要です。

40万/μl以上ある場合は、精密検査を行い、医師の判断に従うようにしましょう。

ただし、体質だけで50万/μl以上ある場合もあるので、一概には言えないのが現状です。

血栓症

血小板が多すぎると、血液が固まりやすくなってしまいます。

つまり、血管が詰まりやすくなってしまうのです。この病気を血栓症といいます。

血栓症が脳で起こると、脳梗塞、心臓で起こると、心筋梗塞となります。

どちらも、かなり重大な病気なので早期の治療が大切となります。

血液をサラサラにして、詰まりにくくするような薬にはワーファリンやバイアスピリンがあります。
引用元-血小板が基準値より多い3つの原因!病気の可能性もある?

血小板が少ない、多い病気とは

◆血小板数が少ないとどうなる?

血小板は血液の凝固作用があることがわかりました。

「では血小板がもしなかったらどうなるのでしょうか?」

これは創造がつくと思いますが、傷口がサラサラとした状態であれば当然止血が出来ない状態になります。

血小板の数が少なくなっている場合は、同様に出血時間が長くなり止血がしにくい状態にあると言えます。

※血小板数が少ない場合は止血に時間がかかる

◆増加しすぎた場合は血栓を発症する要因ともなる

では逆に血小板の量が増加しすぎた場合はどうなるでしょうか?

この場合は、確かに止血はしっかりと行うことはできるように思われるかもしれません。

しか血小板の血中濃度が増加しすぎた場合は、血小板の粘着性の働きによって血管を詰まらせる可能性が高くなってしまいます。

血液の粘度が向上することで、血液がどろどろとした血液になってしまうのですね。

サラサラの水のような血液が血管を流れるケースと、どろどろのゼリーのような血液が血管を流れるケースをイメージするとわかりやすいかもしれません。

血小板が極端に増加すると、血管が詰まり血栓を引き起こしやすくなってしまうので増加している場合でも注意が必要です。

~ポイントのまとめ~
★血小板数の減少しすぎても増加しすぎても危険である
★増加しすぎた場合は血栓を発症する要因ともなる
引用元-血小板数-検査基準値のまとめ

血小板が多い病気とは

血小板が多い原因は?

健康診断の血液検査で血小板が多い結果がでたからといって必ずしも病気が原因であるとはかぎりません。
人によっては体質的に血小板が多いこともあります。

ただし、血小板数が基準値よりも多い場合は病気が原因になっているのか?体質的なものなのか?
精密検査を行い、しっかりと原因を調べる必要があります。

『血小板増多症』

血小板増多症とは、血液中の血小板の数が増えてしまう病気です。

血小板増多症の症状は「血栓症」と「出血性」の2種類があります。

血栓症の場合は末梢血中の血小板数が増加することで痛みや痺れなどが起こります。

出血性の場合は血小板の機能異常や凝固因子の欠乏状態により紫斑(青あざ)や鼻血などが起こります。

「血栓症」と「出血性」の症状が同時に起こる場合もあるしどちらもみられない場合もあります。
特に血栓症の場合は心筋梗塞などの命に関わる重大な病気を引き起こすことがあります。

引用元-血小板が多い・少ない病気は?健康診断の血液検査で基準値を外れた場合の原因とは?

血小板とは一体なにか?

血小板って?

血小板とは一体何なのでしょうか?

血小板は、血液に含まれる成分です。ネバネバした粘着性のある成分を持っていて、血管が傷ついた時などに反応して出血を最小限で抑える働きをします。よく怪我をしたときに自然と出血が止まるのは、血小板凝集が起こり、血小板の止血作用が正常に働いた証拠といえます。

もし血小板の数が少なかったり、血小板が無かったりすると、傷口が塞がらずに出血したままです。しかしこの血小板、多ければいいものでもありません。

血小板を含む血球は骨髄の中にある造血幹細胞でできています。血小板や血液の量は、体質や性別によってもさまざまです。特に女性は毎月の月経の期間など、血液の流出により、血小板の数値も減少します。

しかしこの場合、時間を経るごとに回復しますので、検査などは、月経期間をさけたときに行うのがよいとされています。月経期間がとうに過ぎても血小板の数値が低い場合は何らかの疾患の可能性もあるので、検査が必要になったりします。

反対に血小板の数値が高い場合も何らかの異常を示しているので、再検査の必要がでてきます。血小板の検査はあまり聞きなれないかもしれませんが、どのような症状があり、疾患の可能性があるのか、知っておくと重大な疾患の手遅れにならず、良いかもしれません。
引用元-血小板が多い原因は?基準値を超えるとどんな症状が? | Hapila

血小板数を調べると何がわかるのか?

血小板の数が減少したり、その機能が低下すると、出血が止まりにくくなります。ですから、ちょっとしたことで青あざができたり、出血がなかなか止まらなかったり、鼻血が出やすい、貧血があって慢性出血が疑われるときに必ず行なわれる検査です。

逆に、血小板の数が多くなりすぎると、血液が固まりやすくなり、血液が固まってできた血栓が血管をふさいで、脳梗塞や心筋梗塞などの危険性が高くなります。

血小板数はどのように検査するのか?
血液を採取して、自動血球計数器によって測定されます。

基準値
13.0万~34.9万/μlが基準値となります。

検査結果の判定
血液1μl中の血小板数が10万個以下で血小板減少症、40万個以上で血小板増多症とされます。10万個以下になると血が止まりにくくなり、さらに5万個を切ると自然に鼻血が出たり皮下出血が始まって紫色の斑点が出たりします。3万個以下では腸内出血や血尿、2万個以下になると生命も危険になります。

血小板の減少による病気は、血小板減少症または血小板減少性紫斑病といいます。原因不明の突発性血小板減少性紫斑病と、白血病や再生不良貧血などの進行とともに血小板が減少する二次性血小板減少症があります。

血小板の破壊による減少では、肝硬変、バンチ症候群、全身性エリマトーデスなどが考えられます。逆に慢性白血病や多血症によって血小板数が異常に増えた場合でも、止血作用が低下するので危険です。
引用元-血小板数の検査:慢性出血が疑われるときに必ず行なわれます

 - 病気・薬

ページ
上部へ