知恵の活用ライブラリ

ウィズダムライブラリ

手の甲の内出血は病気の症状?気になる手の甲の内出血について

   

手の甲の内出血は病気の症状?気になる手の甲の内出血について

いつのまにか手の甲に内出血?ぶつけた覚えがないのにあざができている場合は病気の可能性があるかもしれません。

普通の内出血と病気が原因の内出血の違いにはどのようなものあがるのでしょうか?

気になる手の甲の内出血についてご紹介いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

196601
会社の朝礼が嫌でしかたない?朝礼はステップアップのヒントかも!

毎朝行われる会社の朝礼。スピーチや意見を求められたり、社長や...

003377
雨って鬱陶しい?それとも好き?雨が好きだと言う理由

しとしと ぼたぼた ザーザー 雨っていいよね…情緒的で… ...

616350
異性との会話が苦手!共通の趣味の話をみつけて盛り上がろう!

同性であれば全然平気なのに異性との会話がどうにも苦手で…とい...

610442
一般常識?マンションではお風呂は何時まで許されるのかを検証!

マンション住まいの人は時間を気にしないでお風呂に入ってますか...

106202
ファミレスは勉強の集中力をアップさせてくれるベストな場所

ファミレスやカフェで勉強なんて、音楽や人の声で集中できないん...

0a997b62e25bef1eeb9f7ff89d5596a4_s
バファリンを空腹に服用したら吐き気が!用法用量は守ること!

突然やってくる頭痛はほんとうにつらいですよね。頭痛といえばバ...

0d3b05f988b72b59544978baa6057c51_s
アルバイトをクビになりました。その場合の給与保証とは

バイトをクビになった! そもそもクビってアリなの? ...

69375d44935506ca8b5d4b0e91a02559_s
タイツを洗濯するとできる毛玉・・・その対策法について~

女性が愛用するアイテムのタイツ、洗濯したら毛玉ができた!なん...

942589f43d1697453f19c0e7124a706d_s
コンタクトレンズをネットと眼科で購入する時の差を比較!

コンタクトレンズを使用している人はネット購入が多いのではない...

431a796b13febdfc41e14ba7f8f2423d_s
うずらの卵は一般的に売られているものでも孵化することがある

卵を自分で温めてヒヨコを孵化させたい…と夢見たことある人はい...

2cc6406e996f86bcf62602f9cbad55eb_s
学校の先生が怖い…叱られることに慣れていないことも一因

学校の先生が怖いからと不登校になってしまう子どもたちがいるそ...

0ac816be3992482dfa31325687afef02_s
リリカは痛み止めの薬。ヘルニアの痛みに処方されることが多い

比較的新しい、リリカという痛み止めの薬があります。主にヘルニ...

9a663b0adcdb584686cf59a0c8756044_s
バドミントンは手首が大事!スマッシュを決めるコツはコレ!

馴染みのあるスポーツのバドミントン。みなさんルールってちゃん...

cea22712fbd18b2578b9a23103a231dc_s
シャツの襟にファンデーション!落とすポイントとコツ♪

気がつくとシャツの襟や袖、至るところにファンデーションがつい...

d74de97345ddb62941f7c7b303ebb135_s
過食嘔吐で吐きやすい状態の原因と対処法とは

ストレスや過度なダイエットで過食嘔吐を繰り返してしまう場合が...

ac_00001_01
ネットで名前を晒される…対処法をご紹介!

ネットでの誹謗中傷が減らないこの世の中、ネットで名前を晒され...

449605
バイトのシフトが少ないのは自分に原因がある

アルバイトでシフトを組む時に自分の都合だけでとっていませんか...

577782
ベランダのサッシを掃除するときのポイントを紹介いたします

ベランダのサッシの掃除はいったいどのようにしたらいいのでしょ...

Print
誤解してない?バイトの休憩時間に対して給料は出ません!

バイトで長時間働いていると休憩時間をもらっている人もいるので...

585784
コンタクトを外すとゴロゴロするのは要注意!その原因と対処法

コンタクトを外すと目がゴロゴロするとお悩みの方はいませんか?...

スポンサーリンク

手の甲に内出血・・・?病気のサイン?

どこにもぶつけたような覚えがないのに、手に内出血のようなあざができているといった場合、紫斑病という病気かもしれません。
紫斑病の特徴はまず、打撲など外傷がないのに、皮下組織内や皮膚に青色や赤紫色の出血斑が見られます。
大きさや色はそれぞれ違いますが、初期の頃は小さな点状の出血斑がみられます。
時間がたつと青あざのような色に変化していきます。
そのようなあざができる原因は紫斑病になると、毛細血管や血小板、血液凝固因子に問題が生じるので、簡単に毛細血管が損傷して内出血がおこり、止血しにくいため、外傷がなくてもあざができたようになります。
それ以外にも、他の症状があらわれることもあります。
例えば、歯茎から出血したり鼻血が通常よりも頻発したり、切り傷による出血が止まりにくい、女性の場合は月経の量も増加する人もいます。
引用元-突然手にできた内出血は病気の兆候かどうか

手の甲に内出血ができてしまう病気「糖尿病」

手の甲に内出血が起きる病気の中でも特に注意が必要になってくるのは糖尿病という病気です。
糖尿病は症状が進行していくうちに血管が詰まりやすくなり、それが影響して体は新しい毛細血管を作りだそうとします。

この新しく出来る血管はどうしても強度が弱く衝撃にも弱いので、先にような内出血を頻発するようになるのです。
もちろん、元々の血管が極端に弱くなっていることもあるのですが、こうした症状が悪化していくと手足の血管に障害が現れ、後々の重大な症状をひきおこしていくこともあるのです。

手の甲に内出血ができたという人、さらにはその症状が中々収まらないという場合には出来るだけ早めに医療機関を受診していくようにしましょう。
すべてのケースで糖尿病が疑われるというわけではありませんが、出来るだけ早く対処、治療を進めていくことによってよりスムーズに症状が解消されていくことになるのです。
さらに症状の原因がはっきりすることによって患者自身の不安も解消できます。
引用元-手の甲の内出血、病気の可能性はあるのか

手の甲の内出血で考えられる病気について

1、血管が腫れてる?「血管腫」

手の甲の血管のところにあざのような色や、ぷっくりとしたかたまりがある場合には「血管腫」というものかもしれません。

これは簡単に言うと血管のできもののようなもので、基本的には「良性」なので、心配するほどのものでもないですよ。

ただ、段々大きくなったり、痛みがひどくなったりすることもあります。また、見た目的にも気になります。

個人でできる対処法というよりは、まずは整形外科か皮膚科で診てもらうことが大切。

手の甲の血管の痛みがひどい場合には手術をすすめられることもあります(症状によっては日帰り手術)。

2、血管の内出血

ちょっと意外ですが、手の甲の血管が内出血を起こす事があります。

手の甲などの血管は寒さに弱く、収縮し、破れやすくなってしまいます。

寒い時にどこかに強くぶつけた記憶があるのなら、手の甲の血管の痛みは「内出血」でしょう。

対処法は安静にすること。自然に治るのがほとんどです。

3、加齢による「ハンドペイン」

手の甲は他の場所と比べて、「血管が浮き出ている」人も多いですよね。

この血管が浮き出るのは「加齢」「ストレス」といったことが原因で、病気であるケースは少ないそうです。

で、この加齢によって手の甲の血管がうきでると、同時に痛みやだるさを感じることもあります。

加齢によるものなので病気ではないです。対処法はクリニックなどで見てもらうこと。

あまりに症状がひどい場合には手術によって治療を行う場合もあります。まあでも、病気と違って命にかかわる重大なもの、ってわけでもないので、不安になるほどではないですよ。
引用元-手の甲の血管の痛み、原因と対処法は?腫れは病気? » なんプラ!

手の甲の内出血はもしかしたら白血病かも!?

内出血とはどういうもの?どういう時にできる?

扉に指を挟んだり、どこかに強くぶつけたり、すると時間の経過と共に皮膚の色が変色して、腫れと痛みが出てきます。
頭にできればたんこぶになります。

痣として現われる内出血は、皮下組織の血管が破れ、血液が溜まって腫れるものです。
打撲後すぐには現れず、数日後に現れ数週間で消えていきます。

これが一般的な内出血です。

このため、あまり気にならないようなちょっとぶつけてしまった、というものだと忘れたころに痣が現れるので、身に覚えの無い痣が出来上がる場合が多いのです。
引用元-内出血が治らない原因は?病気?病院は何科に行けばいい? | 健やか報知

白血病

いつまでも消えない痣で、一番怖くなるのがこの病気でしょう。

よくドラマなどでも、ふと脚や腕に覚えのない痣があって…という描写があり、不安を大きくします。

しかし、大体はぶつけた事を忘れているだけで、そんなに問題はありません。

白血病の時にできる痣と、打撲で痣には以下のような違いがあります。

・痣の治りが遅く、治る前に次々と別なところにも痣ができて痣だらけになる。
・倦怠感や長期の微熱、貧血などの症状も伴う。
・鼻血や歯茎からも出血も増える。
・頭痛や吐き気、息切れなどを起こす。

これらの症状が見られるようならば、白血病や他の病気を疑って受診してみると良いと思います。

引用元-内出血が治らない原因は?病気?病院は何科に行けばいい? | 健やか報知

手の甲の内出血の治し方とは?

温熱療法

打撲などにより一時的な青あざが出来てしまった場合は、患部を温めることで血流やリンパの流れを良くすることで、早く治すことができます。

打撲などをしてしまった直後は患部を冷やし、炎症や痛みを抑えることが良いです。

しかし、その後ある程度時間が経過した後は、温めた方が良いとされています。

熱すぎると皮膚に負担がかかるため、37℃前後のぬるま湯につけたり、湯に浸したタオルを乗せるなどするのが良いでしょう。

ぬるめのお風呂にゆっくりつかることもお勧めします。

鉄分やビタミンCを摂取する

鉄分やビタミンCは血管の形成に関わっているため、青あざができやすくなった時は意識して摂取するようにしましょう。

鉄分はレバーやひじきなど、ビタミンCはフルーツや野菜に多く含まれています。
引用元-青あざの4つの原因!重い病気の可能性あり? | ヘルスケアPOCKET【病気の症状・原因・治療法を解説】

 - 病気・薬

ページ
上部へ