知恵の活用ライブラリ

ウィズダムライブラリ

糖尿病の人がなぜ日本酒よりも焼酎を好むのかを調査

      2016/10/30

糖尿病の人がなぜ日本酒よりも焼酎を好むのかを調査

糖尿病を患っている方はなぜ禁酒をしなければならないか知っていますか?

でも医師から飲酒を許されてる場合はコントロールをして摂取してもいいそうです

そんな場合の日本酒と焼酎を比べた場合の糖質の違いや、糖尿病の方に焼酎が多く飲まれる理由について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

196601
会社の朝礼が嫌でしかたない?朝礼はステップアップのヒントかも!

毎朝行われる会社の朝礼。スピーチや意見を求められたり、社長や...

003377
雨って鬱陶しい?それとも好き?雨が好きだと言う理由

しとしと ぼたぼた ザーザー 雨っていいよね…情緒的で… ...

616350
異性との会話が苦手!共通の趣味の話をみつけて盛り上がろう!

同性であれば全然平気なのに異性との会話がどうにも苦手で…とい...

610442
一般常識?マンションではお風呂は何時まで許されるのかを検証!

マンション住まいの人は時間を気にしないでお風呂に入ってますか...

106202
ファミレスは勉強の集中力をアップさせてくれるベストな場所

ファミレスやカフェで勉強なんて、音楽や人の声で集中できないん...

0a997b62e25bef1eeb9f7ff89d5596a4_s
バファリンを空腹に服用したら吐き気が!用法用量は守ること!

突然やってくる頭痛はほんとうにつらいですよね。頭痛といえばバ...

0d3b05f988b72b59544978baa6057c51_s
アルバイトをクビになりました。その場合の給与保証とは

バイトをクビになった! そもそもクビってアリなの? ...

69375d44935506ca8b5d4b0e91a02559_s
タイツを洗濯するとできる毛玉・・・その対策法について~

女性が愛用するアイテムのタイツ、洗濯したら毛玉ができた!なん...

942589f43d1697453f19c0e7124a706d_s
コンタクトレンズをネットと眼科で購入する時の差を比較!

コンタクトレンズを使用している人はネット購入が多いのではない...

431a796b13febdfc41e14ba7f8f2423d_s
うずらの卵は一般的に売られているものでも孵化することがある

卵を自分で温めてヒヨコを孵化させたい…と夢見たことある人はい...

2cc6406e996f86bcf62602f9cbad55eb_s
学校の先生が怖い…叱られることに慣れていないことも一因

学校の先生が怖いからと不登校になってしまう子どもたちがいるそ...

0ac816be3992482dfa31325687afef02_s
リリカは痛み止めの薬。ヘルニアの痛みに処方されることが多い

比較的新しい、リリカという痛み止めの薬があります。主にヘルニ...

9a663b0adcdb584686cf59a0c8756044_s
バドミントンは手首が大事!スマッシュを決めるコツはコレ!

馴染みのあるスポーツのバドミントン。みなさんルールってちゃん...

cea22712fbd18b2578b9a23103a231dc_s
シャツの襟にファンデーション!落とすポイントとコツ♪

気がつくとシャツの襟や袖、至るところにファンデーションがつい...

d74de97345ddb62941f7c7b303ebb135_s
過食嘔吐で吐きやすい状態の原因と対処法とは

ストレスや過度なダイエットで過食嘔吐を繰り返してしまう場合が...

ac_00001_01
ネットで名前を晒される…対処法をご紹介!

ネットでの誹謗中傷が減らないこの世の中、ネットで名前を晒され...

449605
バイトのシフトが少ないのは自分に原因がある

アルバイトでシフトを組む時に自分の都合だけでとっていませんか...

577782
ベランダのサッシを掃除するときのポイントを紹介いたします

ベランダのサッシの掃除はいったいどのようにしたらいいのでしょ...

Print
誤解してない?バイトの休憩時間に対して給料は出ません!

バイトで長時間働いていると休憩時間をもらっている人もいるので...

585784
コンタクトを外すとゴロゴロするのは要注意!その原因と対処法

コンタクトを外すと目がゴロゴロするとお悩みの方はいませんか?...

スポンサーリンク

糖尿病でも焼酎は飲んでもいいの?日本酒は?

糖尿病で飲酒が許可されるのは血糖のコントロールが良好で適量で止めることができる自制心がある場合や合併症が出ていない場合など条件があります。どの程度までならばOKかは主治医に確認してください。

焼酎のような蒸留酒は糖質をほとんど含んでおらずインスリン注射や血糖値を下げる薬を服用している場合にほとんど炭水化物を摂らずに大量に飲むと重篤な低血糖を起こすことがあります。これは肝臓がアルコールの分解を優先して糖の新生が抑制されることによるものです。
ですので質問者さんが血糖降下薬を飲んでいたりインスリンの注射をしている場合には焼酎やブランデー、ウィスキー
あるいは泡盛などのような蒸留酒を飲むときには低血糖に注意してください(おそらくその場合は主治医は飲酒を許可しないと思いますが)。ビールや日本酒は糖質が含まれているのでその分血糖値には影響が出ますが、私はお酒が全く飲めないので実際どの程度あるかまではわからなくてごめんなさい。

アルコールは1gあたりで7kcalありますがほとんど栄養源とならないのでエンプティカロリーと呼ばれているそうですし、アルコールそのものは血糖値を下げる方向に作用します。
引用元-糖尿病でも飲んでも良い焼酎の種類は(芋・麦・黒糖・そば・米など)… – Yahoo!知恵袋

糖尿病の人が日本酒よりも焼酎を好む理由

お酒を許可されている糖尿病の方中で、一番愛飲者が多いといわれるのが、焼酎です。
お酒とおつまみでカロリーオーバーになりがち

焼酎が糖尿病の方に良く飲まれる理由として、『焼酎は糖質を含まないから良い』があるようです。

しかし、焼酎は糖質を含んでいませんが、カロリーはあるので、 カロリー制限をしている方にとっては、気をつけて飲まなければならないお酒であることに代わりはありません。

焼酎の場合、大体1杯(60ml)程度が、許可されている人でも、飲んでよい上限です。 焼酎なら、たくさん飲んでも大丈夫と思っている方は、気をつけてくださいね。

焼酎が、ビールと比べて大丈夫と思われる理由は、アルコール度数にもあります。
ビールのようなアルコール度数の低いお酒は、胃液の分泌を促し続けるため、 食欲が増進されやすく、おつまみを食べ過ぎてしまう傾向にあります。

このため、結果的に焼酎を飲んだほうが、全体的に摂取するカロリーが少なくなる事が多いそうです。

また、焼酎は蒸留酒なので、不純物が少なく悪酔いしにくい点や、 アルコール度数が高めのため、少しの量でも酔いを感じやすい点などが人気の秘密のようです。
引用元-焼酎 | 糖尿病とお酒

糖尿病に大敵の糖質を日本酒と焼酎で比べる!糖質フリーも要注意

アルコール飲料に含まれる「糖質」。「糖質ゼロ」だから安心、ではない

アルコール飲料の中でも、日本酒・ビール・ワインは糖質を含みます。
一方で、蒸留酒と呼ばれるもの(ブランデー・ウィスキー・焼酎など)は糖質を含みません。
ただし、焼酎で作るチューハイには、シロップなどが加えられていることが多いので注意しましょう。

そのため、糖尿病患者さんが飲酒する場合には蒸留酒のほうが良いといわれています。
しかし蒸留酒は確かに糖質はゼロですが、アルコール自体にインスリン分泌・感受性を抑える作用があります。
「糖質ゼロだから大丈夫!」と安心して飲み過ぎないように気を付けましょう。

「糖質ゼロ」「糖質オフ」表記の注意点

糖質やカロリーが気になる方は、各社から販売されている「糖質ゼロ」「カロリーオフ」などのアルコール飲料を利用してもいいでしょう。
注意したいのは、「糖質ゼロ」でもカロリーはゼロではないという点。
その点にも留意してアルコール飲料を選びたいですね。

◎健康増進法に定められた表記基準例
「糖質ゼロ」  100mlあたりの糖質が0.5g未満
「糖質オフ」  100mlあたりの糖質が2.5g未満
「カロリーオフ」100mlあたりのカロリーが20Kcal未満
「カロリーゼロ(ノンカロリー)」100mlあたりのカロリーが5Kcal未満
引用元-糖尿病ではなぜ禁酒?アルコールを楽しみたい方が知っておくべきこと | 糖尿病の治療と予防ナビ.com

糖尿病の人がお酒を飲んでもいい場合とその量について

一般的な糖尿病の本には、「食事療法のみで血糖コントロールの良い糖尿病患者さんは、少量のお酒であれば飲んでも良い。」と書いてあります(本当は飲まない方が良いようです)。

少量とは、約1~2単位のお酒です。患者さんによっては、「酒は飲まないが、ビールはよく飲む。」と言われる方がおられますが、ここで言うお酒とはビールも含みますので、そのつもりで読んで下さい。

1単位のお酒とは、糖尿病食事療法のための食品交換表では、ビール200ml、ワイン100ml、日本酒75ml、梅酒60ml、焼酎25度55ml、焼酎35度40ml、ウイスキー30ml、ブランデー30ml、ウオッカ30ml、ジン30ml、ラム30ml、リキュール類30mlとなっております。

実際には、お酒を飲まれる方は1単位ですむハズもなく、食事療法のみで血糖コントロールの良い患者さんも私の患者さんではごく少数で、内服薬やインスリンで治療中の方が大勢おられます。

では、どうすれば良いでしょうか?一番いい方法は、お酒を飲まないことです。お酒という飲み物は飲めば欲しくなるものです。中には、食前のビール1杯で止まる人もいますが、大部分の人は飲み始めるとある程度飲むまで、止まらなくなるようです。また、飲んだ翌日は、飲みたくなるようです。
引用元-糖尿病 食事療法のQ&A

糖尿病にアルコールが及ぼす影響を知ろう!

アルコールには血糖値のコントロールを乱す作用があるため、一般的に糖尿病の方にとって飲酒は良くないとされています。

アルコール自体には血糖値を上昇させる作用はありません。
アルコールは1gあたり7kcalと高カロリーであるにも関わらず、体内で、ブドウ糖に戻ることがないため、アルコールのエネルギーに血糖値を上昇させる力はないのです。
しかし、アルコールそのものが、肝臓内のグリコーゲンのブドウ糖への分解を促進させる作用があるため、飲酒後は一過性ではありますが、血糖値を上昇させてしまいます。(※)

※グリコーゲンとアルコールについて
通常、飲食などで摂取された糖質は、ブドウ糖に分解され、肝臓に運ばれます。
その後、血液を介して全身に運ばれ、エネルギー源になりますが、過剰となったブドウ糖は再び肝臓に吸収されて、グリコーゲンという物質になり肝臓に貯蔵されます。
アルコールを摂取すると、グリコーゲンのブドウ糖への分解を促進させるため、ブドウ糖は再び血液を介し体内を流れ、血糖値が上がるのです。

注意すべきは、お酒(アルコール飲料)には糖質も含むものもあるということです。
その場合、お酒を飲むことで糖質も摂取し、血糖値が上がってしまうのです。
※糖質を含むお酒・・・ビール、日本酒、梅酒、ワイン、甘いカクテル
糖質を含まないお酒・・・焼酎類(芋焼酎、米焼酎など)、スピリッツ(ジン、ウイスキー、ウォッカ、ブランデーなど)、糖質を加えないサワー類(ウーロンハイ、緑茶ハイ、ハイボールなど)
引用元-糖尿病と飲酒 ~お酒との上手な付き合い方と飲み方の工夫~ | 糖尿病症状セルフチェック.com – Part 2

 - 健康

ページ
上部へ