知恵の活用ライブラリ

ウィズダムライブラリ

年金や収入がある場合の65歳の働き方についてご紹介します。

      2016/12/21

年金や収入がある場合の65歳の働き方についてご紹介します。

年金をもらいながら65歳でも仕事をしていて収入がる場合の働きかたは、年金が減額されてしまうのでしょうか?

と不安になることはありませんか?

仕事の収入の額が多いと年金が減額される?そんな悩みについてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
インフルエンザで仕事を休めない!そんな時の対処法をご紹介

大事な商談や仕事などで、インフルエンザにかかっても仕事を...

no image
ホーローのやかんは衝撃と錆びに注意してお手入れを♪

ホーロー製のやかんはデザインもかわいらしいものが多いです...

no image
窓を開けてエアコンは使わない?燃費を向上させる秘訣とは!

エアコンを使うと燃費が悪くなる…というのは多くの人が体感...

no image
幼稚園に入れるのは年少?年中から?気になる入園事情について

幼稚園の入園は年少から入れるのと年中から入れるのではいっ...

no image
文系と理系の特徴にはどんなものがある?あなたは文系?理系?

文系と理系の特徴にはいったいどんな違いがあるのでしょうか...

no image
【美髪の秘訣】白髪にはメッシュやハイライトカラーがお勧め

白髪に悩んでいる人は多いのではないでしょうか? 染...

no image
乳児が熱の時冷えピタを貼っても大丈夫?貼る場合の注意点!

熱を出した時によくおでこに貼るのが「冷えピタ」ですよね。...

no image
爪が黄色く変色する時に考えられる原因や病気

爪が黄色く変色した、という経験をした方はいますか? ...

no image
旦那には小遣いなし!?ユニークなお小遣い事情!

旦那さんのお小遣いっていくら渡していますか?中にはお小遣...

no image
台所の掃除にはスポンジが使える!賢い台所の掃除方法をご紹介

台所の掃除にも使えるスポンジ!汚れたらまとめてするのでは...

087351
風呂の椅子は重曹につけ置き洗いで簡単お掃除!

洗っているのに気付くと汚れが蓄積されていく風呂の椅子は掃除が...

623136
エアコンのコンプレッサーで耐用年数が変わってくるんです!?

エアコンのコンプレッサーの調子はどうですか?耐用年数に大きく...

634866
もう悩まない!高校受験の面接で志望動機を答える際のポイント

高校受験では面接もありますが、その中で志望動機を聞かれること...

335351
手荒れ対策に手袋を!水仕事にはビニール手袋をしよう

毎日の家事などで手荒れがひどくてお悩みの方はいませんか? ...

118803
【初心者OK!】ブラウニーの簡単おいしいレシピ☆

お菓子作り初心者でも、比較的作りやすいブラウニー。 工...

617271
水槽に合ったヒーター選び教えます。設置時の注意点とは!

水槽の水温を一定に保つためのヒーター。設置するためにどんなこ...

658353
クラミジア検査は保険が適用されるの?保険適用だと〇割負担!

クラミジアの検査を受ける場合は病院へ行くのが一般的ですが、保...

100301
肌のハリが戻る可能性も?日々の習慣で肌が変わる!

肌は年齢と共にハリがなくなったり衰えてきたりします。年を重ね...

447267
名古屋から京都まで車移動する場合の時間と費用!

名古屋から京都まで車で移動する場合に気になるのが時間や費用で...

114634
風邪や鼻水には抗生物質が処方されない理由について

風邪で鼻水がひどいときに病院を受診しても抗生物質は処方されま...

スポンサーリンク

年金の収入が減額されない給与所得は?65歳の親での計算例

厚生年金にご加入の方

はじめに、年金の内訳をご確認ください。

厚生年金加入者 年金の内訳

年金 = 基礎年金 + 厚生年金 + 厚生年金基金(加入している方のみ)

次に下記で、パートなど新しく始める仕事で得ていい収入の上限を計算しましょう。
ここで出た金額(月単位)を超えてしまうと、年金の減額・停止になってしまいます。

1.まずは年金から基礎年金を引いた金額(月単位)を出してください。

2.次に
65歳未満の方 ⇒ 28万円から1を引きます。
65歳以上の方 ⇒ 46万円から1を引きます。

3.ここで出てきた金額が、月に稼いでいいマックスの金額です。
これ以上働いてしまうと、年金が減額されてしまいます。

・ボーナス等の賞与がある場合、年間の賞与を12ヶ月で割った金額を出してください。そして、その金額も月で稼いでいいマックス金額に含まれますのでご注意を!

では、実際に例を出してみてみましょう!

例)年金収入が年間210万円 66歳男性の場合
 ※ボーナス有(年2回:合計90万円)

(年金収入の内訳) 

210万円(年金)= 60万円(基礎年金) + 150万円(厚生年金+厚生年金基金)

■年金収入から基礎年金を引いた金額(厚生年金+厚生年金基金)を12ヶ月で割ります。

150万円(年間) ÷ 12ヶ月 = 12,5万円(月間) 

■次に新しい勤務先でボーナス等の賞与がある場合、年間賞与金額を12ヶ月で割ってください。

ボーナス年間90万円 ÷ 12ヶ月 = 7,5万円

■66歳ですので46万円から上記2つの金額を引きます。

46万円 - 12,5万円 - 7,5万円 = 26万円 

⇒ 26万円以下の月給であれば年金の減額・停止はありません。
引用元-年金が減額されない給与所得はいくらまで?65歳の親で計算してみた

収入がある場合の65歳以降の厚生年金支給額はどうなるの?

年金がもらえる年齢になって働いた場合、上記に示したように年金支払いが一部停止することがあります。65歳未満の場合と65歳以上では少し条件が変わります。

65歳未満
賃金(月額報酬)と年金額(基礎年金+厚生年金)の合計が28万円を超えると厚生年金支給が一部停止されます。さらに、48万円を超えると厚生年金停止額の割合が増えていきます。
ただし、基礎年金部分は停止されません。

65歳以上
賃金(月額報酬)と年金額(基礎年金+厚生年金)の合計が48万円を超えるまでは厚生年金支給は停止されません。48万円を超えると厚生年金支給が一部停止されます。
ただし、基礎年金部分は停止されません。
現在70歳以上の就労者は老齢厚生年金のカットはありませんが、2007年(H19)4月以降に70歳になるひとから65歳以上と同じ条件に変更され、収入額との合計により老齢厚生年金がカットされることがあります。
引用元-定年後働いたときの年金額

65歳で収入がある場合の年金受給者が注意すべき点

あなたが65歳以上なら、まず次の2点を頭に入れて下さい。

1.基礎年金は全額支給。

2.賃金(ボーナス込み月収)と厚生年金(報酬比例部分)の合計額が48万円を上回る場合には、賃金の増加2に対し、年金額(報酬比例部分)1を停止。

まず、基礎年金は全額支給されます。基礎年金とは国民年金に加入し、保険料納付期間と保険料免除期間が25年以上ある人が原則65歳から受給できる年金のことです。

問題は2番目ですが、仕事でもらえる給料と厚生年金(サラリーマンだった人がもらえる年金)の年金受給額の月の合計が48万円を超える場合は、年金額を減らされてしまいます。

たとえば、あなたが年金を月に10万円もらっているとします。そして、仕事の月給が38万円以下なら、月給と年金との合計額が48万円以下なので、年金は全額支給されます。

しかし、月給が38万円を超えると、月給と年金との合計額が48万円以上になるので、もらえる年金は減らされてしまいます。

減らされる年金額は、「賃金の増加:2」「年金額:1」で計算します。つまり、賃金の増加額の半分の額が年金から減らされるということです。

たとえば、あなたの年金受給額が10万円、仕事の月給が58万だとします。

年金受給額が10万円ということは、仕事の月給は38万円以下にしないと、もらえる年金は減らされる対象になります。

しかし、あなたの月給は58万円と38万円に比べて20万円ほど多いです。つまり、「賃金の増加」が20万円ということです。

20万円の半分は10万円です。つまり、この場合、10万円が受け取れる年金から減らされてしまいます。

ということは、元々、あなたの年金受給額は10万円だったので、月給が58万円以上になると、年金は全額支給停止ということです。
引用元-年金受給者だけど働いている人が注意すべき「在職老齢年金」

65歳を過ぎても働くなら知っていきたい年金の予備知識

労働力人口の減少で高齢者の就労が求められる中、かねてシニア層の働く意欲を阻害するといわれてきたのが「在職老齢年金」だ。定年後も会社などで働き続けると、場合によってはその間、厚生年金の受給額が減らされてしまう。聞いたことがある人もいるだろうが、勘違いしている部分も多い。仕組みを知ったうえで自分に合った働き方を選びたい。

「まさか、ゼロになるなんて……」。新潟県に住む59歳の会社員、福岡正和(仮名)さんは、定年後も現在の勤務先で働き続けるつもりだが、働き方によっては厚生年金が支給停止になる可能性があることを教えられて驚いた。

会社から示された選択肢はフルタイムで働くか、週3日に減らすかの2つ。福岡さんの希望はフルタイムだったが、給料が多いと年金ゼロもありうるというので週3日勤務を選んだ。給料は減るが年金は全額もらえる。空いた時間は家業である農業に力を入れることにした
引用元-定年後も働くなら 年金減額で泣かない予備知識  :日本経済新聞

年金を減額されないための60歳からのお得な働き方

●60歳代の前半
年金額の12分の1(月額相当)と年収の12分の1との合計額が28万円を超えると、超えた額の2分の1の年金が減額されます。

●60歳代の後半
年金額の12分の1(月額相当)と年収の12分の1との合計額が47万円を超えると、超えた額の2分の1の年金が減額されます。

例えば、60歳代前半の方が年金額が240万円(月額20万円)で、年収が240万円(月額20万円)ある場合、月額6万円の年金が減額されることになります。

せっかく働いても年金が減額されてしまうと、働いたほど(年金と給料を合わせた)手取りが増えないわけで、働くモチベーションが下がるのも理解できますね。

ただし、65歳以上の方については、前出のとおり、年金(老齢厚生年金)の12分の1と給料の合計が月額47万円以内(平成27年度)であれば減額されません。65歳未満よりも基準が少し緩やかなわけです。

また、国民年金から支給される老齢基礎年金は減額の対象外であることから、実際に減額される人はかなり少ないと思います。
引用元-年金カットを防ぐ!60歳からのお得な働き方を検証 【年金】 All About

 - 社会・政治

ページ
上部へ